_DSC1360-1

時計の写真を撮った。この時計の文字盤側を撮ったのは初めてかもしれない。

WALTHAMアメリカ ブルースチールの針が綺麗(ちょっと錆が浮いてますね)な陶製の文字盤です。ちょっと被写界深度が浅いですね。

_DSC1368-1

こちら側はさらに気合を入れて撮りました。当時のWALTHAMの代表的なモデルCresrent Streetですが、ため息が出るほど綺麗です。ブルーに輝くブレゲヒゲを使っているモデルです。香箱やいくつかの軸受と爪石にはサファイヤを使っています。ルビーも使われていますので、赤い軸受と透明の軸受を見ることができます。天然のルビーのためか今の時計に使われているルビーの軸受よりも透明度が高い赤色をしています。

懐中時計のケースには入っていませんので、おそらく展示用のモデルか注文を受けるためのサンプルモデルだろうと思っています。Cresrent Streetでもここまで仕上げられますよという感じのものではないかとの推測です。そのためか簡単なスペックシートみたいなものもついていました。そこから透明の石がサファイヤだと判明している次第です。オークションではマリンクロックと説明がついていましたからそうかもしれませんが、表も裏もガラス張りのケースなので、普段から魅せるために作られたような気がしています。