いまだにiPhone 6s Plusを使っている。そろそろバッテリーの持ちが怪しくなり、買ったばかりの頃はこのまま2日持つかと思うほどのスタミナがあったが、近頃は50%を切ってからの降下が激しすぎる。20分で40%低下して残り「10%です」とか
あっという間に、省電力を強いられる。
今までだと、2年縛りの反動で、2年のローンが終わると次の機種と買い換えていた為、常にいい状態のものを使っていたと思うが、MVNOに移行して変な縛りがなくなった途端、買い換えるきっかけも失った。
そうして、ずるずると使ってきた結果が、バッテリー性能の低下だと感じる。
買い換えるか?とも考えてきたが、最新機種にこれといって魅力を感じない。
家族を説得しきれる原動力がない。
iPhone Xsは小さくてスタミナがあって良い面もあるが高いと思う。残念なのは無駄にCPUが高性能だ。あんなに高性能じゃなくても、A9ぐらいのCPUでもスマホとして使っていると不自由なんか感じないのに。カメラのボケを再現するためにAIだなんて才能の無駄遣いじゃないのかな?逆にいうとそれを必要としないならもっと低機能なCPUでいいでしょう。XRだってそうだ。6s Plusに無くてXRにはある機能で、これが使いたいから買い換えようと思う機能がない。なんだろうか、スマホの基本機能はもう必要十分なところまで行き着いてしまったんだろうか。
最後に検討の俎上に登ったのが 8と8Plusだった。この二つは求めているものに近い。値段も手頃だし、ただ8 Plusは重くなってるし、8はバッテリーの持ちに不安がないのかよくわからない。今よりもスペック的には短くなってるし。
結局、6s Plusのバッテリーを交換するのが一番目的にかなっているということか。
ただ、1年間限定の値下げの影響で、ストアの予約が全く取れない。1週間ぐらい手元にケータイがない状態を覚悟して、バッテリ交換に預けちゃおうかと思案中。
小さくて高性能でそんなに高価でないと感じるiPhone。日本にはかなり需要があると思うんだけど、無くなっちゃいましたねーとでかいiPhoneを使いながら思う今日この頃。