Mac環境の日本語入力について、ATOKはWindows環境でかなり使っていたし、使いやすいのは知っているけれど、ちょっと高い。それに西暦年号がバージョンになっているのですぐ陳腐化しそう。そんなのは好みじゃない。

本当はことえりが使いやすければなんの問題もないのだけれど、誤変換が多いのでいつの間にか短い文節で変換する癖がついてしまった。ちょっとストレスがたまっていたところ「かわせみ2」という日本語入力プログラムがあることを知った。これなら勝手もいいかなと思える金額で今もこうして文章入力に使っているけれど、問題なく使えている。いや、問題というかつい短い文節で変換してしまう癖がついてしまっていることに改めて気がついた。変な変換をしたらいやなので、未変換の文章が長く続くとなんだか「ドキドキ」してきてしまうのだ。変な癖だなぁ。

とりあえず30日間試用させてもらえるので、少し様子を見てみよう。でも、「かわせみ2」に置き換えてしまいそうな気がする。ことえりのような奇妙な変換はいまのところない。やっぱりストレスの少ない環境作りは大事だね。

広告