今のMacbookのハードディスクは前の機器から引き継いだもの。買い替えと同時に前のものを移植した。そのまま移植するだけで何の違和感も無く起動するMac OS Xは凄いと思う。これがWindowsなら。。。

容量は740Mだったかな。でも空き容量が1割を切る事があったので、より大容量のハードディスクに切り替える事にした。SSDも憧れるけど、容量的/金額的にに手が出ない。今回は、1.5TBのモデル。

静かで、大容量。しかも、以前の感覚では信じられないくらい安い。これでしばらく乗り切れそう。

一緒にAirMac Extremeにつないでいた外部ハードディスクも替える事にした。ずいぶん長く使っているけれど、最近冷却ファンの異音が酷い。ハードディスク自体は以前交換したので、ケースだけの問題だろうと思うけれど、容量が1TBでは容量が不足しそうなので、中身ごと買い替える事に。こんどは2TBモデル。 このモデルの電源連動機能は好きですね。それに、3年保証というのも魅力です。

メモ的な記事なので、中身にまとまりが無くすみません

広告