IMG_0110.jpg

頂き物のマリンクロック

クオーツなので正確。メーカーはTAMAYAとある。

船の装備品には詳しくないので、聞いた事が無かったが、ここらしい

もちろん日本製。現行品は発振部に温度補正型の4MHzの水晶を使い、精度にはこだわりを見せる。

中身はSEIKO社製とのこと。

古いものだよと言われたが、20年くらい前の品かな?ずーっと船に乗っていて外観はかなりくたびれていたので、金属光沢が出る様にとピカールと紙ヤスリで磨いてみた。ガラスも磨き上げたので、いい感じ。

船には正確な時計が必要なので、この時計も壊れていないならそれなりの精度が出るに違いない。そのうち台を作って、置き時計として使う予定。

電源は単2電池で1年くらい動くらしい。手軽な電池で良かった。ちなみに、ガラスの周りはゴムが入っていて水等の侵入を防ぐ様に作られているけれど、完全防水ではない。全体に水が被るとかなり厳しい状態になる。現行品は防水性がある様なので、違うものとしてみた方が良いのでしょうね。

広告