山ライオンが発売される少し前の事、 物欲大王が目を覚ました。

MacBook Proを買うのじゃ。買うのじゃ。買うのじゃ。

それまで使っていたMacBook(2009 Late)は買い取り価格がまだかなり高い。まだまだ現役で使える機種だからね。

メモリを8GBにしてからは、普段用途には十分すぎる処理能力を発揮する機種だ。MacBookがアルミ化を経験してからMacBook ProとMacBookの能力差はディスプレイの大きさ等を除けば相当小さくなっていると感じる。

ちなみに、ヤフオクに出品しています。よければ買ってやってください。

MacBook Proに買い替えたけれど、メモリは4GBに戻った。すると、驚く事に体感する処理能力はMacBook 8GB > MacBook Pro 4GBでMacBookの方が圧倒的に快適だった。これはOSの肥大化によるSWAP回数の増大が一番響いていると思う。

その上でParallels Desktopもバージョンアップしなくては動作しなくなり、バージョンアップしてもノロノロとしか動かない悲劇的状況。正直、ちょっと後悔。前ので十分だった。だが、いや、しかし、メモリさえ載せれば以前以上に快適になるはず。CPUもGPUもUSBも全部能力が上回っているのだから。。。

そして、物欲小王登場。メモリを目一杯載せるのじゃ載せるのじゃ載せるのじゃ。

公式には8GBが目一杯。でも、ネットで調べると16GBまで動作確認されている。これは値段次第では狙うべきか。8GBとの価格差に悩んだけれど、手が届かない価格ではないし、いっぱい載せている方がきっと快適だ。物欲小王のささやきが聞こえる。

えいやっ!!

desktop.tiff

おぉぉぉ凄いよ!凄いよ!!

MacOSのスワップ領域が0バイトだよ。それもParallelsDesktopに4GB割り当てているのに空き領域が50%以上あるよ。というかParallelsDesktopでWindowsXPを動かすのに4GB割り当てても使い切れないのかな?XPの最大物理メモリっていくつだっけ?少し試したところ2.88GB(なんて半端な)でも物理メモリの容量は変わりませんでした。3GBあれば十分な様子。

そして、もう一つ気がつきました。今までWindowsを使うのが嫌で嫌でたまらなかったのですが、WindowsXPの起動中にMacOS側のアクティビティモニターで見ていてもCPU占有率が15%まで上がりません。軽快です。

半導体と比較してしまうとアクセスの遅いHDDへのSWAPによるCPU負荷は相当なものだという事なのでしょう。

結論。

Macはスペックをちょっと落としてもメモリをいっぱい載せる。コレが快適。

広告