フィルムカメラの時には日付の焼き込みが画期的な事で、どんなカメラで撮ったとか、どんな設定で撮ったとか、どこで撮ったとか、必要だったけれど、そんなに気にしてはいない情報だった。

普通にスナップを撮っている人ならば絞りだとか焦点距離だとかフィルムのISO値だとか記録に取っていない事の方がほとんどで、写真の結果でさえ現像してみなければ判らないわけで、現像されたプリントを見て失敗したーとかコレはきれいに撮れたとか結果を含めて楽しんでいた。

私なんかはカメラ頼りで、自分の経験と勘をたよりに撮っている場合には失敗率は相当なものであったと記憶している。そう意味では撮るという行為そのものが挑戦であり緊張感を含んでいて楽しかった。

初期のデジカメは記録されるファイル形式でさえ統一されていない状態で、Exifなんてモノも無く(無かったよね)、今では信じられない事だけれどドット(ピクセル)が正方形ではなく長方形のものまであったと記憶している。その時代に写真をいっぱい撮ったかと言えば、あまり記憶に無い。今のカメラとは比ぶべくもないその画質は記録として残すというよりは珍しいオモチャといったモノだった。もちろん取り直しが容易・何枚とってもコストに響かないということから挑戦とか緊張感とかも無くなった。

いつの頃からかカメラというジャンルにデジタルカメラという大きなカテゴリーができて1枚1枚の写真にExifという名の情報が付加される様になった。Exifが付く様になった頃は便利になったと漠然と思っていたしこれからのカメラはExifが必須だと思っていた。今はどうなんだろう?使っているのは相変わらず撮影日時だけかなぁ。。。写真を整理する時に使うぐらいだ。

でも、netに溢れる写真を見ると、Exif情報をわざわざテキストにして読める様にして写真と一緒に表示しているものが多い。表示してあるから一応目を通すけど、だから何なのかと思う。

同じカメラを持って同じ設定で同じ場所にいても同じアングルは使えないわけだし、まったく同じ写真を撮る必要も無い。netに公開する時にはExifって写真に必ず必要なものではないんじゃない?

人の設定を見て設定を意識する事が勉強になるのかな?写真を撮るのは知識じゃなくて経験じゃないの?うまく撮れなくても工夫する余地があるから面白いんじゃないの?確かに写真の一期一会もあって失敗したくないというのもあるけれど、どうしても必要かなぁ。。。

ただ、最近のデジカメは賢くなってAUTOでもきれいな写真が撮れる事が多いから段々ユーザーの要求は過剰になってくる。思った写真が撮れないとカメラの性能のせいにしたくなる。でも、撮影者の意図をすべて汲み取れる完璧なカメラって存在しない。工夫の余地があるから面白いんだと思うけどなぁ。そのかわり、挙動が読めないカメラは工夫しても裏切られる事が多いから撮っていて楽しくない。そういう意味では新しく買ったカメラというのは慣れるまでに時間がかかる。

この前、新しく買ったカメラで不思議な挙動があり、マニュアルにも説明が見つけられなかったので、メーカーに質問をした。不具合なのか仕様なのかって。返事は「仕様」。コレはコレですっきりした。良い時代だよね。比較的気軽にメーカーに質問をぶつけられる。それにきちんと答えてもらえる。

その時に「使っていて楽しくなるカメラをありがとうございます。」って書いたら「弊社カメラに対するお褒めのお言葉を賜り、厚く御礼申し上げます。」って書かれていてうれしくなった。「使っていて楽しい」が褒め言葉になるんだなぁ。褒め言葉と受け取ってくれるメーカーなんだなぁと。。。

確かに、カメラとして一期一会を確実に残せる性能は大切だ。でも、どのメーカーのカメラも同じ様にきれいに撮れるカメラしか作らなくなったらつまらない気がするなぁ。今のところ完璧は無いんだから、それぞれの個性を楽しめば良いんじゃないかなぁ。Exifばっかり見てないで、カメラを色々弄って多様な経験をつんでいろんな場面で気に入った写真を撮れる様になりたいです。

みんなが言うノイズまみれの写真でもフィルムの頃の増感現像される失敗写真に比べたら今のカメラはノイズを出さないと思うなぁ。失敗と比べられたくないとおもうけど(笑)。

ところで、皆さんの写真の再生環境?パソコン?は写真を写真らしく表示しますか?ノートパソコンだったり液晶ディスプレイ・CRT、OSによっても表示って違いますよね。MACは肌色がきれいだと書いている人もいました。同じ質感で見ていないという事を念頭に入れておく必要がありますよね。表示するソフトによっても勝手が違いますしね。

何の話を書いているか判らなくなりましたが、Exifを意識しないで写真を見たいなという話。

広告