これからの楽しく明るい未来、そこへ確実に導いてくれるはずの人物が亡くなってしまい、驚きとともに本当に、心から、本当に心から残念でなりません。

appleが新機種としてiPhone4Sを発表したのはスティーブ・ジョブス氏へのメッセージだったのでしょうか?「これからもあなたの作った作品を継いでいきますよ」と。。。そうみると氏の作った最高傑作である作品の名がiPhone for Sとも読めることに意味が込められているような気がしてしまいます。そういう意味では今の次期に出されるのはiPhone5じゃなかったわけで。

なんとなく見ていたTVのiPad2のCMも今となっては寂しげに聞こえます。

あった事も無い人物の死がこんなに寂しく感じるのは初めてです。

あぁ、なんということでしょう。

広告