我が家にやって来て約1年。いきなり休まず動かし続けたキンツレの置き時計に オーバーホールというほどの物ではなく、分解しないで出来るレベルのクリーニングと注油をキンツレに施す事に。

注油をしようと思ったのは、

  1. チャイムが遅くなってきている。
  2. 購入してから一度もまともな整備をしていない。
  3. びぶ朗が使える様になったので触りたくなった。

なんていう理由。

まずは、やっとParallelsが復調して測定できる様になったびぶ朗。

FinderScreenSnapz003.jpg

ここまで振動数が低いと歩度は誤差が大きくなりほとんどあてになりません。頼れるのは、グラフと勘のみ。

とりあえず、遅れているようです。いや、実際に普段から少し遅れ気味です。

この時計は歩度の調整方法がよくわかりません。そして大きな割には繊細です。とりあえず、チャイムがテンポよく鳴る様になりました。

広告