とけい屋de道草.jpではいくつかのコンテンツを少し更新し、「片振りを時間で表すのはなぜ?」という簡単な記事を書きました。

HTC Desireが発売になりましたね。ソフトバンクのスマートフォンはキャリア主導ではなくメーカー主導で開発されている物が多いと感じ好感が持てます。メーカーの意思が強く感じられる物は「継続性」や「将来性」がキャリア主導のいままでのケイタイとは違うのではないかと思っているのですけど、どうなるでしょうか。

一番期待したいのはOSのバージョンアップですね。速やかに最新OSに対応していけるスマートフォンは本当に魅力的です。対して、最新OSへのバージョンアップになかなか対応できないスマートフォンみたいな形のケイタイは不満と不安がたまるため購入意欲がそがれます。やはり最新OSは出来るだけ新鮮なうちに触りたいので。。。

Androidスマートフォンの Desireは自由度が高そうなのが非常に魅力的です。iPhoneの保証され制限された快適さとは違って本当に自由に見えます。ただ、パーソナルな情報のほとんどがGoogleにわたるというのは不安は無いんでしょうか?それと、定額データプランとの関係がいまいち判りません。

iPhoneについては次期開発機の情報が事前に漏れてしまったのでちょっと楽しみがなくなってしまいました。判ってしまうと6月と言われている発表まで長いなぁ。。。

広告