書店にはよく立ち寄るけれど、あまり本を買わなくなった。

特に雑誌は。。。前買ったのがいつだっけ?

書店でぱらぱらとめくってみるけれど、興味のわく記事が無い事が多い。

時計の雑誌は特に。実際の生活からかけ離れたきれいな時計の写真ばかり並べられても目新しさを感じなくなるだけ。かといって身近な時計の写真ばかり並べられても。。。カタログが欲しいわけじゃないし。

そんな中、ある記事が気になったので、迷わず買った。「世界の腕時計 No.103」。P147〜P143(逆じゃない。これで良いのだ)で脱進機を図入りで解説している部分。ここだけが何度もじっくり読んでみたかった。ここには、気になっていたけれど、今まで知る事が出来なかった動作のエッセンスが含まれているような気がする。何かのヒントになる気がしている。こんな解説記事で埋め尽くされている専門書発行されないかなぁ。読んだら間違いなく眠くなるけどきっと買いたくなるのに。

広告