結局ノイズキャンセルイヤーフォンMDR-NC300Dを買ってしまった。

静かになるのか?

外部の音はキチンと低減される。でも、消されなかった音は小さくなっているけれど今まで以上にはっきりと聞こえる。そのせいで人の声などがより意識させられる。
消えにくいのは鈴の音、スピーカーからの放送、新聞のカサカサ音、足音など高い音を含む音。
静かにはなっているけれど、周りの音を意識しなくなるほどではない。消音の限界を超えた音も聞こえる。カナルの遮音性が向上すればもう一段静かな環境が得られる。

NCのレベル調整はあまり変化が判らない。ただ、過度な設定にすると反転した音が聞こえてしまう様になる。判断の基準は「無音の圧迫感」かな?

ノイズ?耳鳴り⁇

装着し電源を入れると、周りのマイルドなノイズが消えて、静かになる。けれど同時に「チー」という音が聞こえるようになる。この音は何をしても定量で聞こえるため、気にすると音楽が聞こえていても非常に気になる。耳鳴りみたいなものかと思ったりしたが、正体不明。ヒスノイズならボリュームでまったく変化がないのが不思議。どんなときもほぼ定量で聞こえる。当然電源offで聞こえなくなる。

後悔は

機能面では今のところ後悔していない。ノイズキャンセルというものにだいぶ理解が深まったし、思ったよりも音が悪くないのも評価できるところ。「チー」は気になる。よけいなノイズは無いのが良い。デジタルなんだから消せるんじゃないの?このノイズ店頭の試聴機では聞こえなかった。。。個体差がある?それとも耳鳴りみたいに聞こえているのかな?

ただ、やはり取り回しは最悪。電池ボックスの20cm以内に音源があるってどういう考えだ?あと20〜30cmは長いのが使いやすいと思う。逆に電池バックスからイヤーフォンまでは長過ぎる。あと20cmぐらいは短くしても良いと思う。どんな利用環境を考えてこの長さにしたのか?考えていたかさえ疑わしい。電池ボックスの重さは許せるかもしれないが、このコードの長さの設定には許せないものがある。大きな声で言いたい。

持ち歩きにくい!!

広告