結婚して子供が生まれて以来「自分の部屋」というものが無い。時計をいじることを趣味にしているとこれがかなりつらい。それでも、昨日までは独身時代に購入したわがままな机を一つの部屋に置いていた。横160cm超奥行き70cmの大きめの机だった。この上に、17インチのCRTを置いて、残りのスペースで時計をいじっていた。この机でつらかったのは高さ。時計をいじるときには机の高さは胸の辺りまでほしい。 子供が小学校に行く準備を始めたので、これを機に、この机の部屋からの退去ということになった。行き先は納戸。なんとか納戸の中でも使おうかと思ったが、大きすぎて無理。 様々な試行錯誤の結果、納戸の中が、自分の居場所ということになった。大きな机ではなくスチールラック。横幅90cmくらい、奥行き50cmくらい。17インチのCRTは無理なので、当面子供部屋に設置。 せめてもの思いで今まで不便だった、高さの改善をした。Aの部分を時計の作業机として最優先で高さを決めて、台の上面には真っ白な人工大理石板を置いた。 Bの部分は通常の机の高さぐらいにして余っていた木板をのせることでMacbookを置いた。Cの部分には北向きのはめ殺しの小さな窓。昼間なら明るいけれど、夜は漆黒の空間。半畳ほどのスペースに、イスだけは場所をとるけどアーロンチェア(笑)。 ん〜無線LANの電波が弱い。小さな換気扇があるだけでエアコンが無いから夏の暑さが不安なんて思いながら、こういう小さな空間て視野が限られているためか妙に落ち着くなぁ。。。そして思いのほか集中できるかも。
広告