shoさんにアイクアンプを作っていただきました。
shoさんといえば100円ショップで買えるものを材料にして作るマイクアンプをいくつも発表してくださる方です。私は、今の自作アンプを何ヶ月もかけてやっと作ったので、最初にshoさんのアンプの記事を見たときにかなりの衝撃を覚えたのが今でも忘れられません。
「びぶ朗」を公開するときに一番問題になったのがマイクアンプとピックアップでした。net上には他にも「びぶ朗」と同様の原理で測定しているらしいタイムグラファーはいくつかありましたが、皆専用のピックアップを持ちセットで販売しているような状況です。マイクを1から自作してくださいというのはやはり難しいことだろうなと思っていたのです。それをshoさんは易々と、それも少し半田ごてを握ったことのある人なら作れるものを発表してくださいました。こんな解決法があったのか、これならソフトだけを公開してもいけるかもと思ったものです。
今ではびぶ朗もスターグラフという商用のピックアップを持っていますが、やはり「びぶ朗」といえば自作ピックアップであり、shoさんの100円ショップマイクなのだろうなと、実物を見てしみじみ思いました。久しぶりに凄いプラスのエネルギーをいただいた気分です。ある意味、「びぶ朗」の原点ですね。
送られてきたものは、人に見せたら「どこで買えるの?」と聞かれるだろうなと思うほどすばらしく丁寧なものでした。凄く合理的でshoさんがいろいろと工夫されているのでいろいろなものを組み合わせて作った様には見えません。本当に凄い。
201305282309.jpg
コンパクトなのでポータブルな測定環境です。電源もUSBからなのでパソコンとこれがあればどこでも測定が可能です。
201305282309.jpg
マイク部の裏もこの様になっていて、本当に最初から製品として作られているみたいな仕上がりです。
201305282310.jpg
時計をセットしてみました。マイク部は伸縮可能で微妙な大きさの違いをスポンジが吸収する様になっています。そして測定画面。
201305282310.jpg
ノイズが非常に少なく高利得なのが特徴ではないでしょうか。いろいろな意味で刺激されます。

広告