ここのところ使っていなかったのですが、どうもスターグラフPC-1(プロトタイプ)の調子が悪くなってしまったようです。いろいろテストしてみようかと思っていたのですが。。。30分ぐらい時計をセットした状態を続けていたのですが、最初は音がひろえていたのに、気がつくと音がひろえなくなってしまいました。
ん〜どうも時計を押さえ込むスプリングが強すぎるように感じます。製品版をお使いの皆さんのところでは不都合は無いですか?スターグラフシリーズに関するレポートというのは見たことも聞いたことも無いのでどうなのか気になります。
ところで、少ない時間で見比べている限り「生音」「パルス」どちらのモードとも片振りの数値に違いはありませんでした。前日の記事とは結果が違いますね。

広告