iTunes StoreでDRMフリーの音楽がいくつか入手できるようになったのはみなさんもご存知のところ。私はDRMフリーにはほとんど全く興味がなく、ビットレート256kbpsのエンコーディングデータに興味があります。アルバムで購入すると128kbpsのものと同じ値段。。。とあるのですが、以前に購入した人は購入価格の30%を支払わなければなりません。これが自由の値段なのかな。。。iTunesOriginalの音源は購入しないと今より良い音は入手できません。
不便なのは、ライブラリのうちDRMフリーでデータが公表されている物はすべていっぺんにDRMフリーデータを購入しなくてはいけないこと。これはいらないとか、選択の自由を持たせてほしかったです。DRMはフリーになったのに変なところに縛りがある。。。
やっぱり、ビットレートは数字が大きいほど音が良くなると思うのです。ただ個人的には、256Kbpsより上はファイルの大きさに比べて音の改善度が割にあわない気がします。これ以上を求めるなら可逆圧縮かなぁ。。今のところ、ハードディスク容量との兼ね合いもあって全部可逆はむりですが。。。

広告