Macがメインの環境なんだから、Macのプログラムを書いてみたいなぁ。。。なんて思いながらずるずると来ていますが、「たのしいCocoaプログラミング」という本が出版されたんですね。
現役のプログラマの方が書いた本なら要点が判りやすく書かれているのでは。。。と期待してます。しかも今回は入門書。プレゼントキャンペーンもあります。
Intel Macといえば、ハードもコストパフォーマンスが良いと思いますし、OSも販売価格が安くて開発環境は無料配布。プログラミング入門には向いているパソコンだと思っています。
私がなかなかなじめないでいるのはC言語が久しぶりだということと、Delphiの至れり尽くせりの環境に慣れてしまっていることが原因です。そんな私でもCocoaは開発しやすそうに見えるのですが、ヘルプが英語だったり、書籍の情報が少なかったりで学びながら何かを作るのは時間がかかるなぁと思っていました。そんな中、日本で書かれたCocoaの本が少しずつでも増えているのはうれしい出来事です。
プレゼントが当選しなくても、いずれ購入するのでしょうけど、当たれば凄くうれしいですね。。金がないんで。

広告