ヘッドフォンの試聴をしてきた。あれから、気になる物の種類が変わってきていた。
最初に秋葉原のヨドバシへ。。。
ノイズキャンセルヘッドフォンの展示状況は散々な物。バッテリ切れ、入力なし、ケーブルなし。。。やる気なし。。。10種類ぐらいあったかも知れないけれど、音楽が聴けてノイズキャンセルも試せたのは4台くらい?
少ないながらも印象は、良くも無く・悪くも無く。購入して悪印象しか無いSONYのノイズキャンセルヘッドフォンは試す気さえしなかったけれど、その他の物も、正直、音が変じゃない?壊れてたのかな?俺の耳?再生音の残響とかもキャンセルしてない?なんなんだろう。。。不信感をぬぐい去ることが出来なかった。それと、
人の会話がはっきり聞こえる。これは意外だったけど、そういえば、レビューとか見ても、人の声やアナウンスは聞こえるって書いてあるなと思った。
これじゃ電車の中はだめだ。人の会話は聞きたく無い。
次に、高額カナルタイプをテストすることに。。。ショウケースに入っている。。気軽に試聴してくださいって書いてあるけど、店員に張り付かれての試聴、それもショウケースの前で決められた音源も無いまま立ったままの試聴はきつい。。。それでもER4S、SUPER.FI-3 STUDIO、SUPER.FI-5 PRO、を連続で試聴。ER4Sはこれと言って特徴なしと感じ、Fi-3は音場の広がり・音のバランスに好感触、Fi-5は中域の音量が出ていない印象。すべてに決め手なし。
このままじゃ帰れないので、他に試聴できる店を探すことに。。
駅前の石丸、Reference 220、ep710 、E3cだったかな?を試聴。Reference220はJBLの音、嫌いじゃない。というか、かなり好き。ep710も好印象、E3cは聞いたのかな?印象に無い。
もう一度、ER4を聞きたいなと思い、うろうろするが、試聴コーナーに巡り会えなかった。諦めかけたところでラオックスコンピュータの3Fに試聴コーナーを発見。
ER4S、ER4B、ER4P、Fi3、後何があったかな。。。ここのFi3は壊れてるの?というぐらい音場が拡散していて試聴していると目が回る。ヨドバシの時の好印象が吹っ飛んだ。なんじゃこれ?
ER4の中ではER4Bが一番好みの音で音場もER4Pに比べると広がりを感じて好印象だった。だけど、このシリーズ、付け外しを頻繁にしたく無いな。外す時の鼓膜が引張られる感覚と、それをしたく無くて慎重に外すと時間がかかるのが凄く気になった。
ここまでで試聴は終わり。ノイズキャンセルヘッドフォンは今回はパス。今回試した物はどれも、本体価格からノイズキャンセル回路の分の価格を引くとヘッドフォン自体の価格帯はそんなに高い方じゃないだろうというのが想像できる。それでなのかな?スピーカーから聞こえる音そのものに魅力が薄い。それと、人の声があんなにはっきり聞こえるのはいやだから。
外音を遮断する性能に優れるカナル型にすることにした。今使っているThePlugもカナルだからカナル型に抵抗が無い。この時点での好印象度合いは
ER4B、ER4S、ep710、Reference 220、Fi.3、Fi.5
もちろん、金額的に買える買えないも加味しての評価なので、音が良い順というわけでもない。
帰ってからネットの評判や故障の話題、その他諸々を見ていてまたまた悩んだ。。悩んだ。。。悩んだ。。。。
ER4Bを買おうと決めて注文ボタンの最終確認のところでまた、悩んだ。高い物だから耐久性が低いのは嫌だ、壊れ難いようだけど、消耗品の交換が必ず必要な機種なんだなぁとか、あの着脱の時の不快感が頭をよぎる。道ばたで知り合いにあっても、耳から外すのにかなり苦労しそうだし。。。
で、止めた。Reference 220にしようかな?とかなり強く思ったけど、結局はFi.3を選択。注文しました。ヨドバシでの試聴の時の好印象を信じることにしました。ラオックスのは何かの間違いだきっと。。。この賭けが、吉と出ますように。。。今から結構ドキドキです。

広告