「びぶ朗」使ってないなぁ。。。
もう、数ヶ月使ってないんじゃないだろうか。
本来は、自分で使う為に作ったプログラムだけれど、これほど使わないなら、フリーで皆さんに気軽に使ってもらえるようにしたのは、今更ながら正解だったかなと思っています。
いや、それだけ。


「びぶ朗」は当初、機械式時計の勉強をはじめようとする人が、脱進機の仕組みの理解を深める為に参考程度に使うソフトとして公開したつもりなんですが、どうも世の中では時計の機械的構造が判らなくても時計の歩度や片振りの調整が出来るようになるソフトという捉えられ方をしているようで。。。まぁ付属のドキュメントもその辺りの重い記述は削除してしまいましたし、しょうがないかと思っています。
ただ、ヒゲ持ちや、緩急針を安易に動かしたりして、時計を簡単に壊してしまうのは、悲しいことなので出来れば止めていただきたい。正常な状態に戻すのが難しい非常にリスクの高い行為なのですよ。
壊すことで理解を深めるというのであれば、止めはしませんが。。
自分は、そんな勉強をする時間がとれなくなったので「びぶ朗」を使わなくなったのだなぁと。。なんだ、皆さんのことが羨ましいだけか。。。

広告