「びぶ朗」1.6.0.3に追加したくなる機能が今のところ一つしか思いつかない。この追加機能にしても自分はそれほど必要としていない。今のところ、自分の中で1.6.0.3は完成形の一つかな。
ユーザーの方とメールでやり取りをすることがあるが、私からの文章が乱暴で後から読み返す度申し訳なく思う。本当に失礼を繰り返しています。ごめんなさい。
ところで、タイムグラファーって何なんだろうか。そして、びぶ朗はタイムグラファーになりきれているのだろうか?
測定機として使うのならば精度を不安定にしない為にもなるべく余裕のあるスペックのPCでスターグラフPC-1を使って見てほしい。びぶ朗はソフトウェアだ。そういう意味ではハードウェアであるタイムグラファーにはなりきれない。測定環境が均一でないので、測定結果が私からは保証できない。
自身の測定環境の癖を観察して、その上で結果を時計に反映していただきたい。過信しすぎて大怪我をなされないように。
しかし、バグが無く、測定環境の条件さえそろえば、きちんとした結果を出しているはずという自信もある。なんともじれったいのだ。派手なデジタルな数字表示は判りやすいけれど、誤差も表示しやすい。対して、アナログなグラフ表示は指標も無くて判り難いけれど、その分正確なはず。タイムグラファーなので、最終的にはデジタル表示ではなくグラフを見てほしい。分析は難しいけれど、あなたの時計のコンディションはそこに記録されているはず。
特に、これから修理をしようとする何らかのトラブルを抱えている時計ではデジタル表示はあてにならない。この時、時計の状態に左右されずに正確なのはグラフ表示のみなので悪しからず。ただし、振動数はきっちり合わせてほしい(手動で)。
びぶ朗は日差を測定するプログラムではないので、そこのところはご理解いただきたい。タイムグラファーのはずである。基本設計が間違っていないのなら。。。
タイムグラファーとしての基本が間違っていると思われる場合はぜひご連絡を

広告