「びぶ朗」の自作用マイクとして圧電素子マイクをお勧めしている。簡単に言ってしまえば「圧電スピーカーをマイクとして利用するのが良いよ」ということだ。皆さんにお勧めしてばかりで、自分で使ったことがないのはよくないと思い、作ってみることにした。
201305300019.jpg
市販の圧電ブザーのコネクタをアンプにつながるように変更しただけ。
先ずはノイズ量のチェック
201305300019.jpg
普段使用しているマイクとほとんど変わらない。逆に、感度がよすぎて、環境音まで拾ってしまいそうになるので、ちょっと静かにしていないと時計の測定にノイズが入りそうな位。
では、時計を測定してみる。測定はこんな感じ
201305300020.jpg
普段のマイクを台にして、上に圧電ブザーを置きその上に時計を載せただけ
201305300020.jpg
ちょっと入力が小さいのでボリュームはすべて最大。でも、結構イイカンジで測定できる。
ボリュームの設定をそのままにして普段のマイクにつなぎ変えてみた
201305300020.jpg
変わらなく測定できるのがわかった。

広告