今、がんばって整備中のキンツレは独特のテンプが搭載されている。
201305300022.jpg
このテンプはユニットとして独立しているばかりでなく、回転抵抗が空気抵抗以外にないというかなり理想的な形をしている。
構造としてはテンワがぜんまいで上部から吊り下げられていて、真ん中を接触しない形でワイヤーが貫通しているというもの。
はずした状態でも軽く回転を与えるとかなり長い間往復運動をしていることからも構造として理想的な状態であることがわかる。
置時計でしか考えられない構造なのでほとんど話題にはならないが、こんな脱進機の構造を見ているだけでもこの時計は面白い。

広告