以前ご紹介したキンツレのウエストミンスターチャイムの置き時計は、今はばらばらの状態。。。結局自分で分解して遊び始めた。
201305300022.jpg
いくつかの歯車の軸は錆びていたので、最初は手で磨いていたが途中から面倒になり、本当に久しぶりに旋盤を出してきて、超細目のダイアモンドヤスリで削り取ってしまった。その後、木のへらを使って磨き上げた。ほんの少し細くなったはずだが、十分に許容範囲のはずだ。他にもほぞを磨いたり、古い油を落としたりしている。
分解中やはり怖かったのは、ゼンマイ。香箱から取り出すのに痛い思いはしたくないので段ボールの筒の中でラジオペンチを使って香箱の外へ引きずり出した。バン!とはじけたが、段ボールの中で収まったので、痛い思いをしないで済んだ。問題は元に戻す時だが、その方法はそのうち考えようと思う。
分解前の診断とは違って、時計の動力として使われるメインのゼンマイが一番外側で切れていた。これならなんとか自分で直せそうだ。
大きい時計は部品も大きいから扱いやすい。ゼンマイは怖いけど。。。
というわけで、のんびり楽しみながら修復中です。

広告