時計を勉強しはじめた頃の最初の教材を見つけた。ETA7001。キャリバーのみ。
それ以来、ずーっと放置してあってので、若干汚れてはいたがゼンマイをまくと何事も無かったように元気に動き出した。
201305300035.jpg
撮影機材はOlympus E-1/OM-SYSTEM ZUIKO MC AUTO-MACRO 50mm f3.5
補助照明に蛍光灯のみで手持ちで撮っているので写真の質についてはご勘弁を。
よく見るとドライバーを滑らせていくつか傷がついている。その度にちょっとずつ落ち込んだもんだ。
早速、「びぶ朗」にかけてみる。振動数自動検知ルーチンは6振動と返してきた。
201305300035.jpg
それにしてもずいぶんと遅れているもんだな。片振りは15msec位らしい。
せっかくなので少し緩急針をいじってみた。
201305300035.jpg
でも、針も無いので「おくれ」も「すすみ」も関係ない。

広告