光コラボからの脱出 その3

nuroが開通してとりあえずの平行運用。iijmioひかりも今はそのまま残してあるので、一軒に光回線が2本入っている。贅沢な話だ。とても使いきれない。おまけに、1本は電話サービスしか使っていない。使おうと思えば使えるのだけれど、電話以外何も繋いでいない。電話も移行待ち。本当にLNPできるのかな。
せっかく2回線を同時に試せるので、速度チェックしたけれど、iijmioひかりが10Mbpsを切る状態でもnuroは100Mbpsは下回らない。時々100Mbpsを切るようなことがあっても今の所テストサーバーの輻輳の可能性が高い。他へ繋ぐとすぐに回復する。

平均値ではなくてピークだけどWi-Fiでもこのくらい出ることがある。

有線なら

光回線でみんなが期待している性能ってこうだよなって思う。
誰もがまさかADSLを下回るような速度になることがあるとは思っていないと思う。

NGNではTVのIPTV機能が使えたけれど、nuroではIPTVはセットアップできなかった。IPv6はサービスされているけれどサーバーが見つからないという。ネットワーク構成がTVが期待しているのと違うためだろう。nuroでもひかりTVのサービスが始まったけれど、同じ理由でTVのIPTV機能ではひかりTVが見られない可能性がある。その場合必ずSTBが必要になるので、要確認だね。もしかしてNGN用のSTBでは同じモデルのものでもnuroのひかりTVは見られないのかな?

TVの受信をどうしたかというと、一か八かアンテナ工事を自前でやったら、なんとか安定受信のレベルが取れたので、今はスカイツリーの電波でテレビを見ている。BS/CSはアンテナをつけていないので、すごくシンプルな受信体制。地上波の受信なんてものすごく久しぶりだ。
今住んでいるところは、地上波の受信が難しいところで、周りにはアンテナを立てている家は無い。以前は共聴受信をしていたけど、組合は解散してしまって、CATVかフレッツTVでテレビを見ているんだろうという状態。駐車場に止めてある車でのTV受信もフルセグとワンセグを行ったり来たりという状態。でも、受信対策地域にはなっていないので、受信できるんじゃないの?とちょっと思っていた。
本当はアンテナは10m以上の高いところに設置されているのが受信の前提だから、屋根の上にマストを立ててつけるのがベストだけれど、自前工事で、そんなことは、怖いし、簡単にはできないから、今回は、アクセスが簡単な小屋裏にアンテナをつけた。屋根材の遮蔽ロスがかなりあるはずだけど、素材が金属製じゃ無いからかスカイツリー方向に近隣の建物がない場所に設置したらレベルが取れた。今の家は最初CATVに入っていて、その時に広帯域ブースターを設置していたから、そこまでの壁内配線をして、コンセントを抜いていたブースターを復活させて、TVのところまで回線を繋いで見ることができた。屋根に雪が積もったらどうなるかわからないけれど。

残っているのは電話の番号移設だけ。無事終わるといいけれど、10日に光が開通して、まだ電話番号の移設工事日が決まらない。

広告

光コラボからの脱出 その2

単純に連続投稿である。

前回の記事の最後にん〜もしかしてと追記したが、nuroサポートに聞いたところ、やはりそうであった。光コラボであっても同時並行的に光回線を2本引くような今回のケースの場合、直接ナンバーポータビリティが可能なようだ。さっそく、申し込み内容を修正してもらった。

NTT116にも昨日申し込んだ内容をキャンセルしたいと伝え、了承していただいた。本当に人騒がせな話だ。今後はもっと調べて、相談してから申し込まねばならない。

ナンバーポータビリティができる条件はおそらく次の通り

・NTT加入者電話由来の番号であること

・移行時点で解約もしくは休止されていないこと

一般的に光コラボはNGN内でのISP変更をしようとすると回線の解約しか選べない。そのため電話番号が消滅し、ナンバーポータビリティが不可能になる。

逃げ口としてISPの契約が残っているうちに電話番号を加入者電話に戻して(アナログ戻し)ISPを解約すると、電話番号の消滅が防げるということらしい。ここで加入権を持っていないとアナログ戻しができない。そして、引き込み線を残して加入者電話を休止していないと工事費が高くなっていくということらしい。

NGN以外へのナンバーポータビリティなら可能ということのようだ。例えば今回のようなnuro、auひかり、CATV等が可能な事業者なのだろう。そのかわり、同時に2回線の契約が必要な時期があるということになる。

実際に可能かどうか、上手くいくかどうかは、来月工事が終わった時点で判明するが(まだ、半信半疑)きっと上手くいくさ。

それにしても、回線を変えたり、ISPを変えたりするのってなんでこんなに大変なんだろうか。工事をしなくてはいけないので立会いがいるのはわかるけど、そのほかの制度のモヤモヤ感というかすっきりとわからない具合というのは、なんとも複雑怪奇という気がしてならない。

つづく

光コラボからの脱出

IIJmioひかりが遅いという話題は以前なんども書いた。

WiFiルータをPortalに変えて、NTTのHGWをルーターとして使うよりはレスポンスが改善して、輻輳時間帯の速度低下もかろうじて二桁Mbpsに踏みとどまることが多かったけれど、なにぶんPortalはIPv6PPPoE が使えない。これまでIP v4でも不自由はないなーと思っていたから、ルーターの設定を毎晩のように弄り回すことはなくなっていた。

ところが

Macの外部モニターが欲しくなって、いろいろ物色していたところ何を血迷ったか、リビングのTVを買い替えてしまった。4Kである、AndroidTVである。今まではAVセンターアンプがリビングオーディオの中心的役割をこなしていたけれど、いろいろと接続を検討していると、どうやらTVが中心的役割をこなした方が都合が良いらしいことがわかってきた。TVの家庭内地位の回復である。そしてYouTubeやAmazon VideoがTVの大画面で4Kで見られるらしいことがわかってきて、せっかくの動画がかくつくことがあることも気がついて、今のインターネット接続の限界をつくづく感じてしまった気がした。

新しいTVの性能をきちんと使い切るためにはIPv6は必須なんじゃないだろうか?

でもPPPoE経由じゃ輻輳時の速度低下を逃れることができないし、HGWのルーティングじゃあ全体的な速度低下が再発する。Wi-Fiルーターの買い替えか?それともルーターだけの買い替えか?

IPv6 IPoEに移行したいけれど、IIJはプラス800円/月とIPv4の速度を改善したいならDS-Lite対応にする必要もある。NVR510の購入もかなり考えたけど、NGN IPoE協議会とかできてこの先流動的だし、いっそのことNGNから離れたい。でもTVの受信をフレッツTV経由にしているから離れられなくてなんとも。。。

などと葛藤は募るばかり。

そんなとき。nuroでひかりTVが始まったという情報に巡り合った。ををを!光ケーブル経由で地上波が見られる選択肢が増えた。

しかもNGNのしがらみのないnuroで

あとは、電話番号の同番移行についてだ。それ以外はとりあえず、理想的な気がした。IIJに電話番号の同番移行について尋ねると、アナログ戻し等につきましてはコンサルティングの際に。。。とメールが返ってきた。IIJのコンサルティングはなんか良い印象がないので、アナログ戻しについて調べてみると、固定電話加入権でひいた電話を光化してコラボ事業者に移行した場合は、NTT116に電話して加入電話の復活を依頼すればいいことがわかった、ただし、加入権が休止状態で保存されている必要がある。

我が家の場合は2009年に光化したのが当ブログの記事でわかったので、まだ10年以内。昨日早速116に電話して加入権が消滅していないことを確認して、加入権保存の延長の手続きをし、回線の復活も116への電話でできることを確認した。

そして、今日116に再度電話して、固定電話の回線復活をお願いした。IIJには何も通知していない。NTTからしてくれるらしい。

HGWのひかり電話機能が止まる副作用としてWi-Fi(いらないといったのにIIJに押し付けられた)機能が止まり、モデムを返却する必要があること(返却キットを送ってくれる)、ルーター機能が止まるので1台のPCしか繋げなくなること(ONU直結と同等ということらしい、当面Portalにルーターを戻す予定)。光回線は残すのかと心配されたのだが、移行先がいつ工事になるのかわからないのでサービス開始までは残すつもりと答えた。そして、工事日の候補が告げられた「最短で30日です」1週間以上かかるとは。。。混んでるか?

宅内立ち入りがあるので、立ち会わなければいけない。回線残しで電話回線を休止していると告げたが「現状が把握できておりませんので、回線を末端まで確認する必要があり」だそうである。もっともであり、真面目だなぁとか思った。こっちは電話番号保存の手段としてちょっとの間アナログに戻るつもりなだけなんだけど、それを承知の上で品質一番らしい。局内工事だけじゃないんだ。。。「工事費は最大で1万○千円ほど」怯んだ。2000円ぐらいじゃないのか?まぁ、そんなにはかからないだろうと頼んだけれど。

それから、nuroの申し込みをした。混んでるだろうから、開通は4月末かなぁ5月かなぁなんて考えながらHPの申し込みを進めていくと、工事予定日を選べるようになっている。最短は4月7日!?近いな。固定電話の工事終わって1週間ちょっとでLNPの手続き通るのかな。と、よくみると、宅内・宅外同日工事のチェックボックスを発見。ここにチェックを入れて表示された候補日は10日。とりあえず申し込んでみた。

とりあえずはここまでである。nuroから届いたメールを見る限り、LNPはnet開通後1週間程度後と書いてある。そういうものらしい。無事移行できますように。

過去に「開通できませーん」をやられているので、nuro開通後にIIJの解約を考えている。宅内引込み線が2本になっちゃう。電線管に通せないと困るなぁ。コンセントどうなるかな。それとも、解約前提で宅内配線切り替えてもらっちゃうか。

つづく(独り言だな、まぁメモみたいなもんだし)

ん〜もしかして一回固定回線に戻さなくてもLNPできたのかなぁ。光回線2本ひいた状態になるわけだし、契約替えで番号消滅せずに直接移せたのかな。まぁいいかもう申し込んじゃったし。

赤い月

Q1310953_edit

詳しいことはよくわかりませんが、なんでもスーパームーンでブルームーンでブラッドムーンは珍しいんだとか。スゴくて青くて赤いとは確かに珍しそうですね。実際には青くはないようですが。

せっかく綺麗に見えていたので三脚を引っ張り出して撮ってみました。E-M5の300mmをクロップしています。

もうありますね

びぶ朗の再起動を記事にしたばかりですが、もう替わるものがありますね。

Tg – the open source timegrapher

とか

iOSだと

Watch Tuner Timegrapher

とかね。

もう、びぶ朗の役目は十分果たしたかなぁーと思います。あとは個人的な興味で開発を続けるかどうかということで、肩の荷は降りた気がします。先週21日からなんとなく作り始めてみたんですが、公開する必要はなさそうですね。

Reboot

新しい開発環境、新しいロジック、使ったことのない言語、新しいびぶ朗

数年ぶりに始動なるか

一応、動き出してはいるけれど、高解像度な表示にしているので重い。いろいろなものが不足している感じ。比較対象として今までのびぶ朗を動かしてみると、いやぁー安定してるぅ。

こんなのもう一度作れるのかな。かなり不安。タイムグラフは描けるようになってきた。

公開できるようになるかまだまだ判りませんが。。。

いろんな意味で応援してください。

すごくいいソフトが公開されているので、開発はやっぱりやめました。

MacBook Proのバッテリーを替えた

自宅でメインで使っているのは相変わらずMacBook Pro(mid2012)で、Appleの記録によると2012年の7月に購入しているという5年を超えてまだ現役で使えるのは嬉しいことなのだけれど、流石にバッテリーは消耗品だった。

スクリーンショット 2017-07-28 23.16.43.png

5年間使い込んだバッテリーはMacの自己診断で交換修理が必要という。ネットで部品として買えないこともないけれど、質の悪いものを載せて火を噴くとかは避けたい。というわけで、Appleストアに行ってきた。

スクリーンショット 2017-12-25 16.50.42.png

比べると完全充電時の容量が相当落ちているのがわかる。ついでに反応が悪くなっていたタッチパッドのクリックも調整してもらった。これでMacBookはまだまだ現役で頑張れる。込みで13824円なり。

Macはバッテリーがへたるといたわりモードで動くから全体的に反応が鈍くなる。バッテリーを替えてやっと元のパフォーマンスで動くようになった。

という、購買記録

Peak Design

PeakDesignといえば、今更紹介する必要がないかもしれないけれど、カメラを気持ちよく運んで、気持ちよく使うためのバッグやストラップを作っているメーカー。

Kickstarterで出資を募って新製品を作るという方式で、すごく人気になっている。

昨年のKickstarterの時に、初めて知って、EVERYDAY BACKPACKを手に入れた。この時、過去の商品も安く買えるから、CAPTURE(V.2 ディスコン)とANCHOR LINKSを買った。思えば、この時から、カメラ熱が再発したに違いない。

自分のカメラ熱は根治が不可能で、時々再発する。しかし、今回のはひどい、あれよあれよという間に、カメラ、レンズ、レンズ、レンズ、三脚、レンズ、レンズと着々と重症化し、気がつけばそれなりの環境が揃っているという。。。やっちゃいました。

そして、またPeakDesignがKickstarterに戻って来ているという。今回はPro PadCAPTURE V.3、SLIDEを手に入れて、EVERYDAY MESSENGERを通勤用に、PRO Pad(V.2用 ディスコン)、LENS KIT(NIKON)、BINO KITを格安で購入しました。とはいえ、ねぇ。買い過ぎたかなぁ。。。皆さんもカメラ熱と物欲には気をつけましょう。

PeakDesignのアイテムは変形合体的な奥深さがあるので、例えば、EVERYDAY MESSENGERの場合はこんな動画を見て使い方を研究した方が良いでしょう。